前へ
次へ

一戸建て住宅の良さを考える

住まいを考える時、一戸建て住宅とマンションを比較することが多くなります。
首都圏におけるマンション販売では一戸当たりの専有面積が約69㎡に対し、一戸建て住宅では100㎡近くになっており、単純に比較するだけですが一戸建て住宅の方が広いとされています。
しかし間取りなどを考えるとマンションの方が大きめのLDKが用意されていることが多いのですが、戸建て住宅ではLDKと他の部屋がしっかり分かれている造りが多くなっています。
戸建て住宅の方が、よりプライバシーの確保が優先されているのが判ります。
更には収納スペースを広く持てるのも戸建て住宅の良さで、住宅内部で収まりきらない時には庭の一部も利用出来るメリットが生まれます。
ではマンションに良い所はないかと言うことになりますが、細かい配慮となっているのがゴミ出しです。
24時間ゴミ出しが可能なマンションが多くありますが、これら施設は管理会社が責任をもって処理している良さがあります。

Page Top